クレジットカード現金化業者の悪質な手口にはどんなものがありますか?

みんな大好きクレジットカード現金化の閲覧ありがとうございます!正しいクレジットカード現金化のセレクト方法を伝授しましょう!これさえ知っておいたら、ハズレのクレジットカード現金化を所持してしまう迷いは無いでしょう。 - クレジットカード現金化業者の悪質な手口にはどんなものがありますか?

みんな大好きクレジットカード現金化v

クレジットカード現金化業者の悪質な手口にはどんなものがありますか?

多くのクレジットカード現金化業者では真面目に運営しているものの、中には悪質な手口を使うものが存在しています。もし引っ掛かってしまうと大変なので、事前にどんな手口を使うのか知っておいたほうが良いです。

嘘の換金率で振込する

クレジットカード現金化業者の多くでインターネットで申込ができます。その後にクレジットカードで商品を購入すると口座に振込されます。この時に実際より少ない金額を振込すると言う手口を使う悪質な業者があります。

クレジットカード現金化できる金額は換金率分です。80%と言う換金率がホームページに書いてあっても、実際には50%分しか振り込まれないと言うことがあるのです。金額が違うじゃないかと業者に電話連絡しようとしても繋がらないです。

80%と言う換金率はそれほど高くないです。利息は消費者金融のキャッシングでも年18%ほど、銀行のカードローンなら年14%ほどです。キャッシングやカードローンと比べると多くの手数料がかかるのです。中には全く振り込まないと言う悪質な業者もあり、1円も現金化できない上にさらに騙されてしまうと踏んだり蹴ったりの状況になってしまいます。

カード情報や個人情報の漏えい

中にはカード情報や個人情報を漏えいさせる手口を使う業者があります。悪意を持った者にカード情報が漏えいしてしまうと、身に覚えのない請求が来ることがあります。

もしこのような被害にあった場合は、不正利用があったとカード会社に連絡してすぐにストップして貰うことが必要です。個人情報の漏えい先は闇金であることが多いです。

クレジットカード現金化に手を出す人の多くで、金融機関の審査に受からずお金に困っていても借りられない状況です。闇金はこのような顧客をターゲットにしています。

闇金に手を出してしまうと法外な高金利のため利息が利息を生み、借金が膨れ上がることが多いです。返済を滞納すると家族や会社にまで取り立ての電話をかけてくるようになります。口座情報まで漏えいしていると勝手に振り込まれて法外な利息を請求すると言った手口を使われることがあります。

まとめ

悪質なクレジットカード現金化業者をまとめると次のようになります。
・嘘の換金率で騙そうとする
・悪意を持った者にカード情報を漏えいさせる
・違法な闇金に個人情報を漏えいさせる

これだけは理解しておきたいクレジットカード現金化TOPへ

Copyright(C)2016 www.calvarypca.com All Rights Reserved.